ともおん

ともひろ音楽院のブログ ギター・ウクレレ・音ヒーリングなど

レッスン内容、シニア

お仕事がひと段落して若いころにやっていたギターを再開する。

 

あるいは新しい趣味としてウクレレやギターを始める。

 

そんな方々が大勢おります。

 

今まで音楽をやってこなかった方が気になさるのが、

 

・楽譜を読めなくても出来るのか。

・完全に初めてでもレッスンしてもらえるのか。

・今から始めて演奏できるようになるのか。

 

上記のようなご質問をよく受けます。

 

・楽譜を全く読めなくても出来ます。

・もちろん初めて楽器を触るという方から丁寧にお教えいたします。

・いくつから始めても出来ます。

 

私の生徒では80歳を超えてから始めた方も何人かいらっしゃいます。

 

楽譜は始める時点で読める必要はありません。

レッスンで少しづつ教えていきます。

 

また歳と共に細かい楽譜が読みづらくなってきますので、

大きく拡大したものを使う

太い字で書く

譜面を見やすい位置にする

などの工夫をしています。

 

懐かしい曲を自分の手で演奏する喜びは他に変わるものがないほどのようです。

いくつになってからでも音楽は素晴らしい体験になります。

 

若いころやっていて再開される方も多いです。

ウクレレもギターも自転車のように一度習得すると忘れないようです。

数十年ぶりにも関わらずちゃんとコードが出たり普通に演奏できてしまったりする姿をよく見ます。

もちろん本人としては全盛期のようにはいかないのですが、レッスンをしていくことによりかつてできなかった曲も出来るようになっていきます。

特に独学でしか練習されていなかった方は上達の余地が沢山あります。

 

大人ならではの楽しみでライブバーやセッションバーなどもあり新しい仲間や体験と出逢えます。

 

レッスン内容は、それぞれのお好きな曲を課題曲として使用します。

 

一曲をキチンと仕上げたい方、

色々な曲を楽しみたい方、

若いころやらなかった新しいことを学びたい方、

脳のトレーニングとしてやられている方、

 

色々な方がおります。

講師とご相談の上レッスンの方向性を決めてください。

 

 

 

 

レッスン内容、幼児~小学生

幼児~小学生低学年のお子様のレッスンについて解説いたします。

 

3,4、5歳のお子様の場合ウクレレをお勧めしています。

 

・ギターより小さく扱いやすいこと

・弦が柔らかいので押さえやすいこと

・弦の数が少ないので覚えやすいこと

 

などが理由です。

大人には簡単なことでも小さな子供にはとても難しく感じることが沢山あるので日々子供の目線に合わせてレッスンを改良しております。

 

特に細い弦を押さえることは3,4才の子供にとってはかなりのハードルです。

押さえることが出来るようになるまではリズム遊びや音当てクイズなどをしながらリズム感や音感を養っていきます。

 

ウクレレで身に着けた技術は全てギターに移せます。

ギターを目標にされているお子様は大体小学生に上がる頃を目安に子供用ギターを購入していただき移行します。

 

初めからギターを弾けるくらい大きいお子様の場合、

 

①1~6弦の名前、フレットの番号を覚え、

 まず一本ずつ弦を押さえられるようにします。

 

②ピックを使って1~6弦まで全てじゃら~んと弾けるようにします。

 

③狙った弦を一本ずつ弾けるようにします。

 

④簡単なコードを二つ覚え、簡単な練習曲を演奏できるようにします。

 

⑤コードを押さえること、ギターを弾くことに馴れてきたら

 少しずつコードを増やし新しい小曲を練習します。

 

①~⑤の導入部分が完了すると、大人レッスンとほぼ同じに進んでいきます。

その子の好きな曲を沢山やって音楽を楽しんでもらいます。

 

ウクレレの生徒様も楽器が変わるだけで同じ流れです。

 

音楽が好きでお家でもよく練習されるお子様は小学3年生でも大人並みに弾けるようになります。

練習をほとんどしないお子様の場合ゆっくりと成長していきますが、

ある時結構自分が弾けることに気付くと途端に楽しくなり開花することもあります。

 

小学4年生~6年生は子供レッスンと大人レッスンの中間的期間です。

個人差が大きいのそれぞれの子供にあった進め方を検討します。

 

中学生になるとほとんどの子供は大人と同じ内容でレッスンできます。

レッスン内容、大人経験者

大人(中学生以上)の方でバレーコードも弾きこなせる方を経験者としてレッスン内容を解説したいと思います。

 

音楽の三大要素としてリズム、メロディ、ハーモニー、があります。

※ハーモニーとはギターやウクレレではコードのことです。

 

この三つの要素の掛け算で音楽の総合的な演奏力が決まってきます。

 

生徒様のお好きな曲を課題曲としながらこの三つの要素を高めていきます。

 

基礎力を高める練習なども加わりより高度なレッスンになっていきます。

 

経験者のレッスンは多岐に渡りますがゆくゆくは皆さんが下に挙げる全てを経験し上級者の道を歩みます。

 

・16ビートの様々なリズム

・テンポの速い8ビート

・シャッフル

・三連系リズム

チョーキングやビブラート、ハンマリングなどのテクニック

・ギターソロ

・フィンガーピッキング

・ブルースと即興演奏

・スケール

・コードの知識

・ソロギター

・リズム譜読み

・TAB譜読み

・五線譜読み

・アンサンブル

・レコーディング

・ライブ

・作曲